2017年3月27日月曜日

ボランティアと聞いていたが、協力費を徴収してくる・・・意味不明。PTA said a volunteer. However, PTA collects cooperation fee.

ボランティアと聞いていたが、協力費を徴収してくる・・・意味不明。PTA said a volunteer. However, PTA collects cooperation fee.


生活安全協力費っていう、金額が書かれた封筒を渡された。


前もって年にいくら費用が発生するのか通知しておいてもらいたいのだけれども。


計画が立てられない。


子供手当って、こんな感じで消えていく。




ところで、ボランティアという言葉は使わない方が良いと思う。

ボランティアっていう言葉は、基本的に金券などのお礼は受け取らずにやっていくのがボランティアっていう言葉だと思うし。

協力費みたいな形で金額が書いている封筒(請求)を回されると、もはやボランティアって言葉じゃなくなると思う。






子供にボランティアって綺麗な言葉で説明して、実際大人側で費用請求しているんじゃ、子供を騙しているのと同じだと思うのだけれども。

素直に、ボランティアでやってくれる人がいないから、費用が発生しますって言えばいいのに。


ついでに言うと、Wifi専用で契約せずに中古のスマートフォンを持たせた方が、全然子供の安全に良い結果を与えると思う。


カメラがモラルを守られないなら、カメラなしモデルとか色々手はあるのに。。。


ちなみに、ボランティアって言葉をぐぐると・・・

自らの意思で、無償で奉仕活動を行う人 を指すが出てきます。

つまり、これはボランティアじゃないから。
こうやって、遠回しな言い方や、言葉を歪曲させて表現をする事を子供の教育でやるから、子供が大人になった時に、政治家みたいにこれは、「賄賂じゃない」って言ってみたりな、ずる賢い大人になってしまうんだと思う。


まとめると・・・
ボランティアへのお礼金(金券含む)の徴収を求めるのであれば、ボランティアでやって貰っているではなく、少額のお礼金でやってもらっているっていう言い方にすればいいのじゃないのかな。

子供は普通にボランティアでやってもらっていると思っているし・・・
その親は、請求されているから、ボランティアじゃないよって思うし・・・
 

たぶん、携帯電話の契約でこんな説明すると、絶対詐欺扱いで、消費者生活センターに訴えられる系になると思うから、気を付けたほうが良いと思う。


あとがき
因みに、この交通安全協力費って子供一人当たり2,500円っていう事は、2,500 x 600人 = 150万円位 (ウチの子供の学校の例)<交通安全協力費だけで>

これだけの額を集めているのだから、これが一体何に使われているのか、明細を是非提示してほしいと思う。

関係のない科目につけまわしていたりしていたら・・・完全に黒だと思う。

運営している側も大変だとは思うけれど、真の意味でボランティアで出来ないなら、素直に通じる言葉で説明してほしいと思うよ。